「魂のリアリズム 画家 野田弘志」の先行上映会に行って来ました!

2014/06/03 15:31

先日お客様で飲み友達(自分で思っているだけ)の「野田弘志先生」の
ドキュメンタリー映画「魂のリアリズム 画家 野田弘志」の先行上映会が
伊達市で行われました。
会場は500人以上のお客様で満席!そこへチョイ悪オヤジ野田先生の
ご招待で行ってまいりました
ところが…案内された席は一番前の席で、先生に日向寺監督
に編集の川島さん、録音の橋本さん、カメラの清水さんと映画業界では
名の知れた皆さんです。そして僕の隣りは大高酵素の社長…
緊張で居眠りする暇も無し↓…実はチョットだけ夢の世界に~
冗談ですからねぇ

004野田先生
「魂のリアリズム 画家 野田弘志」の解説(映画comから)

現代日本におけるリアリズムの第一人者・野田弘志の創作の裏側に
迫ったドキュメンタリー。
デザイナー・イラストレ-ターの仕事を経て30代で画家の道へと進み
戦後の抽象絵画全盛の美術界の中で常に追求してきた野田弘志は、
70代になった現在、北海道のアトリエで自然や人間を見つめた作品を描き
続けている。本作では、驚異的な密度の作品を完成させる1作品に1年間を
費やす野田が、自宅の庭にあった鳥の巣を題材にした最新作「聖なるもの
THEⅣ 鳥の巣」を制作する過程に密着。魂を込めてキャンパスと向きあう情熱的
で献心的な姿を、北海道の豊かな四季とともに映しだしていく。
監督は「爆心 長崎の空」、実写版「火垂るの墓」の日向寺太郎。 

003今回のスタッフの皆さんです
翌日、川島さん(編集)・日向寺監督・清水さん(カメラ)・橋本さん(録音)
村岡さん(大高酵素)が当店にご来店頂きました。
実は、試写会の後の「野田弘志先生」のパーティと2次会・3次会とチョイ悪オヤジも
皆さん方と〇〇早くまで飲んでいましたが、僕は↓皆さんは↑さすがに熱く
燃えている映画マンです!

001爆心長崎の空
日向太郎監督の作品です。

スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ 寿司・回転寿司へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

未分類  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する